離婚の手続きについて必ず知っておくこと

国際離婚は大変です

国際結婚をしている人も多いですが、国際結婚をした夫婦が離婚をするということになると、かなり大変です。国際離婚の問題というのは、日本と相手の国の法律が違っていること、手続きがかなり複雑化していること、そして子供が国から出国できるかどうかなどが問題になってきます。日本以外の国で結婚をして国際離婚をして、そして自分は今すぐにでも日本に帰りたいと思っていても、親権は自分は自分が持っているのに、国際離婚では日本に子供を連れ帰ることが出来ないケースもあります。子どもを国外へ連れ出すことが問題視されていて、かなり厳しい問題となっています。国際離婚では、夫婦の今の住所で同居しているか、別居しているか、子供がいるのかによっても色々と手続きが違ってきます。日本ではふつうに協議離婚出来ることが海外では通用しないこともありますし、日本では裁判で離婚となっても、相手の国の判決では離婚にならないケースもあったりして、国際離婚というのはとても複雑なのです。
日本で離婚をした場合には、親権が取れなかった親が、子供を連れ去って自分の国に帰ることは、誘拐扱いになっています。海外でも同じく日本人が親権を持っていても日本に連れて帰ることは、子供の奪取ということになって大きな問題になっているのです。日本以外で離婚した場合に子供と一緒に帰りたくても帰れない法律もあるので、かなり難しいでしょう。子どものパスポートを管理している親がパスポートを渡さないことあり、国際離婚はかなり複雑です。

熟年離婚は増えている?

最近は熟年離婚が流行していることでも知られています。熟年離婚というのは、中高年の熟年になってからの離婚のことを言います。今まではそんな年代に離婚をするというケースはあり得なかったのですがここ数年でとても増えています。定年退職をした後の夫と、一緒に暮らしていくことができなくなったとか、定年退職をした後の夫に愛想を尽かして三行半を押す妻が増えているのが現状です。
熟年離婚に関しては、賛否両論の意見があり、今まで働き盛りで食べさせてもらっていた夫が定年になって、これから妻の力が必要な時に、離婚を言うなんてかわいそうだという意見もあります。
また妻の意見からしてみると長年夫を支えてきて、ここまで来たので、これからは第二の人生を歩みたいということで、熟年離婚を応援するという意見もあります。熟年離婚は若いころの離婚と違って、お子さんも独立してもう家庭を持っているというケースも多いですから、本当に二人だけの問題というケースが多いと思います。熟年離婚に至る夫婦がとても多く、夫にとっては離婚後の生活は本当に過酷で、これからの人生、どうやって行けばいいのかわからないという人も多いようです。
妻に捨てられないようにするという言葉も出てくるくらいにシビアな問題です。熟年離婚が一時かなり増えていましたがここ数年、熟年離婚が増えた最大の理由は女性が力を持っていることが原因かもしれませんね。女性も強くなったということが影響しているのではないでしょうか。

芸能人とは離婚を公にしないといけない?

芸能人の離婚というのはかなり話題になっていますよね。芸能人が離婚をするという場合には、結婚以上に騒がれるケースが多く、離婚後しばらくずっと報道されるというケースが多いです。芸能人の離婚は結婚と同じように派手に離婚する人もいれば、離婚してしばらく黙っていて、半年くらい経ってから発表する人などもいたりして色々なスタイルがあります。
報道されたことで離婚が発覚してしまった芸能人も多く、最近では、世間を驚かせた離婚といえば、藤原紀香さんと陣内さんが離婚したときには、世間がびっくりしましたし、数日にわたって報道されていたのが記憶に新しいですね。他にも離婚といえば、最近はファンに自分で伝えるケースも増えており、ブログで芸能人が離婚を発表するというケースも多いようですね。
女優のともさかりえさんの場合もそうでした。彼女のブログで、自分で離婚について触れていました。このように芸能人の離婚は一般人の離婚と違って、やはり公にしなければいけないことから、なかなか大変ではあります。そして芸能人の離婚の中には慰謝料なども多額に支払ったりするケースも多いでしょう。
芸能人で離婚をしている人の中には何度も離婚をしているという人も中にはいて、3回目の離婚という人もいたりして一般人以上に離婚経験者が多いというのも特徴ですね。やはり芸能人である職業ゆえに結婚生活を続けるのがなかなか難しいのかもしれませんね。離婚問題を抱えている芸能人は多いようです。

離婚カウンセラーはあくまでアドバイザー

離婚カウンセラーというのは、夫婦の離婚に関するトラブルなど、相談に乗ったりアドバイスをして、相談している人が一番良い方法を見出すことを手伝うのがカウンセラーの仕事です。最近は離婚問題を抱えている人がとても多いですから、離婚の問題を一人で抱えていないで、人に相談をして精神的にも楽になるという意味合いから、離婚カウンセラーに相談するという人は多いと思います。しかしなかなか離婚の相談をするといっても場所がないですよね。公的な相談をする場所や弁護士など色々とあるかもしれませんが、どこまで親身になって離婚問題に取り組んでくれるかわかりません。
そこで離婚カウンセラーに相談することが良いのです。離婚カウンセラーは、かなり心のケアも行いながら親身になって離婚問題を解決してくれます。夫婦の離婚に関するプロのカウンセラーで、今までに多くの離婚問題の相談に乗ってきましたから、これなら安心して離婚の相談をすることができるのではないでしょうか。
離婚カウンセラーというのはやはり色々な経験を持っていますから、安心して相談することができます。もちろん、離婚カウンセラーに相談したからと言って、必ずしも離婚に至るというわけではありません。夫婦の中を修復できる方向へアドバイスしてくれる場合もあり、離婚を進めるのが離婚カウンセラーではないのです。
離婚問題というのはなかなか他人に相談しにくい問題ですから、離婚カウンセラーに相談することで、心の支えになってくれます。

離婚の種類は3種類

離婚する方法というのは大きく分けると三つに分けることができます。協議離婚、調停離婚、判決離婚の三つの方法があります。離婚する方法の協議離婚というのは今一番離婚している夫婦の中で多い離婚の方法で、離婚について話し合いをして、お互いが納得して合意したことで離婚届けを出して受理されて離婚するという方法です。日本で離婚をしている夫婦の9割が、協議離婚で離婚をしています。
次に離婚をする方法で調停離婚ですが、これは協議離婚でどちらかが、話し合いの結果離婚を拒否しているときや意見が合わない場合などに、家庭裁判所に申し立てをして調停をして離婚をするという方法です。家庭裁判所では調停委員が夫婦の間に入って話し合いをしていき、公平な立場でアドバイスをしたりして、離婚するに至るというケースが多いようです。離婚をする方向へ持っていくだけでなく場合によっては、修復するように持っていくケースもあります。調停離婚で話がつけば、離婚することができますが、これで話がつかない場合には離婚訴訟、つまり裁判を起こして離婚をするということになります。
協議離婚でも話し合いがつかず、調停離婚でも話し合いがつかない場合には、裁判を起こさなくてはいけません。これは離婚する方法の最終的な方法です。裁判所の判決次第で、どちらかが嫌がっていたとしても法的にこれは離婚が成立するということになりますので、この判決は絶対です。離婚する方法はこの三つの方法があり裁判を起こす場合にはまず調停をしてからになります。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www.free-credit-cards-online.com/" target="_blank">http://www.free-credit-cards-online.com/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。